特許取得製品

ホーム » 製品のご案内 » 特許取得製品
ホーム » 製品のご案内 » 特許取得製品

アイ メッシュ

Eye mesh

従来の金属ハトメと補強テープが一体となった製品です。構造から考え直したことで、

  1. 金属ハトメと比べ約2倍の強度(下記データ参照)
  2. ハトメ取付とテープ縫製が一度にできることによる、縫製加工の省力化
  3. 吊り間隔が自由に選べ、均一にネットを張ることができる

以上の3点を実現しました。
また、ポリエチレンタイプとポリエステルタイプの2種類があるので、ネットの素材に合わせてお選びいただけます。
カラーバリエーションも豊富に用意しているので、ネットに合わせることで仕上がりに一体感をもたせることができます。

強力比較データ

負荷箇所数 破断時の負荷強度(N)
アイメッシュ ハトメ
1137.6 637.4
1157.2 580.6
1049.3 449.1
1039.5 503.1
1033.6 482.5
平均 1083.4 542.5

試料:15cm x 20cm
尚、データの値は当社での試験結果であり、一般の保証値ではありません。

ハトメとアイメッシュの破断原理の違い

ハトメの破断原理

ハトメのすぐ下に点で力がかかるためそこから徐々に破れていく
ハトメに力がかかってもハトメが変形しないため、力を分散できなくなってしまいます。そのため力が一点だけにかかり、その部分から裂けだし、破れてしまいます。

アイメッシュの破断原理

アイメッシュは線で力を受けるのでギリギリまで破けずに一気に破れる
アイメッシュに力がかかっても同一素材のため、力を分散させ全体で受けることができ、ネット本来の強度ぎりぎりまで保つことができます。そのためハトメに比べて2倍の強力が出るのです。

ラティスネット

Lattice Net

通常の繊維ネットに比べ、施工が簡単にできます。
また、金属製の仕切りネットに比べてかなり軽量なため、持ち運びやすいことも特徴です。
工事現場のフェンスの代替品や、イベント会場での動線確保などに使用されています。

ゼブラネット

Zebra Net

金網の代替品として、シカやイノシシなどに対する侵入防止柵としてご使用いただけます。

  1. とても軽く運搬がラクに
    • 水に浮くほど軽い特殊繊維「イザナス®」を使用しています。従来のステンレス線入りのネットに比べ、約1/2(当社比)の重量になりました。
  2. 施工が早く、そして簡単
    • 施工した状態で1m毎に色が変わるようになっているので、ネットの長さを測る必要がなく直感的に施工することが可能です。
  3. 超高強力なワケ
    • イザナス®を使用することで、
      1.同じ重さで比較したステンレス線の約8倍の強度
      2.耐摩耗性に優れているため、動物の執拗な噛み切りに強い
      以上の2点を実現しました。

ネットの長さを測る必要がないため、
設置が速く容易です。

1

網を張る前にポール間長さを計ります。
(ポール間が3mだったとします)

2

ポール間の長さに合わせてネットの縞の数を合わせます。
(ポール間が3であった場合は3つのタテ縞をポール間に入れるようにします。)

3

左記の1.2.の要領をくり返して張っていきます。こうすることによって、最適なネットの張り具合ができ、防獣効果を最大限に発揮できます。

ゼブラネットでは1m毎に色が変わるので、
最適なネットの張り具合を
視覚的に確認することができます。

ゼブラネットでは1m毎に色が変わるので、
最適なネットの張り具合を
視覚的に確認することができます。

テンションに若干緩みがあると
外部の衝撃を吸収でき切れにくい

テンションが張っていると
外部の衝撃を吸収できず切れ易い

※「イザナス®」は東洋紡株式会社の登録商標です。

網が創る新しい未来

網で皆様の業務を
より良いものへと変えるご提案。
是非、お問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちらから

ご提案

PROPOSAL

トヨネンは網の総合メーカーです。
「ニーズに合致する製品が見つからない」
「業務上、こういう網が必要である」
など、
お困りごとがありましたら
ぜひご相談ください。

お問い合わせはこちら

製品化実例

EXAMPLES

トヨネンはニーズに合わせた
製品を製造します。
実際に製品化された実例をもとに、
私たちが製造する「網」の特性や、
「網」を用いることのメリットを
紹介します。

詳しくはこちら

特許取得製品

PATENTS

トヨネンは様々な問題を解決します。
お客様の潜在ニーズを引き出し、
今まで市場に存在しなかった製品を
新たに開発しています。

詳しくはこちら